国内産熟成にぼし/サカモト

スポンサーリンク



国内産熟成にぼし/サカモト_20200102_162245

名  称:煮干魚類
原材料名:まいわしにぼし(国内産)、かたくちいわしにぼし(国内産)/酸化防止剤(ミックスビタミンE)
製造者:株式会社サカモト(愛知県名古屋市)
購入店:サン・マルシェ東中田店(宮城県仙台市)
価格等:450g/519円(本体価格)/2020.1.2

昨年から煮干しに切り替えました

購入の目的:味噌汁や煮物用
選択の理由:毎日使うものなので量の多い商品がよかった

長い間、みそ汁の出しはカツオ系の粉末だしをつかっていたのですが、毎日口にするものだし、なるべく天然に近い素材がいいな、と思って、昨年から煮干しに切り替えました。

👇 楽天ではこちらです

国内産熟成にぼし/サカモト_20191213_183936_428今まで煮干しのみそ汁は魚臭くて好きじゃなかったのですが、5分ぐらい煮出したら引き上げちゃうとよかったんですね💦そうしたらとても美味しいみそ汁ができるようになりました。

私は自分の実家で暮らしていますが、元々の我が家のみそ汁は最後まで煮干しを入れっぱなしするスタイルだったので、何も考えずにそうしていました。

ところが魚臭いのが嫌いな夫が煮干しに気が付かずにほかの具と一緒に口に含んで「うわっ」と叫んで顔をしかめるので、改めて調べてみたら、数分で引き上げるのが正解のようで、今頃それがわかりました(爆笑)

さて、そもそもの煮干しの常備購入は 健康のためになるべく天然のだしにしたいと思い粉末だしから切り替えた からですが、この商品の選択の理由は 近所のスーパーに置いてある二種類のうちこちらのほうが量が多く魚も小ぶりで使い勝手がよさそうだったから です(長いですね^^)。

でも、原材料名を見ると、煮干しと言えども酸化防止剤は入っているんですね。たぶん、これがないとすぐにカビちゃうんでしょうね・・・

私達は乾物というと長持ちする代名詞のように感じてしまいますが、考えてみれば日常的にそれほどつかうものでもないので、「長持ちしそうなイメージ」だけで、ついつい長期間放置しがちですもんね。

買うたびに魚の大きさが違う、バラつきがすごい(笑)

(2020.5.24追記)
買い始めてから何度も感じますが、この商品は買うたびに魚の大きさが違っていてタイミングによるバラつきがすごいです(笑)
同じ袋に大小が混在しているわけではありませんが、そのときどきによって、小ぶりで普通サイズの煮干が詰められていたり、そうかと思うとメザシか?と思うぐらい(おおげさ)大きな煮干だったりするので、びっくりします。

きのう買ったものは、10センチを超える巨大煮干群でした^^
自然の海産物なのでむしろバラツキがあるほうが当然なのだと思いますが、普段、きれいにまとまったお上品な?商品に慣れていると、たまにギョッとするときもあります。ある意味、野性味あふれる商品ですね😅

サカモト煮干_20200523_180600

昨日のサカモト煮干は私の中では「巨大系」(笑)

 



スポンサーリンク