味付き醤油メンマ/東洋食品

スポンサーリンク



味付き醤油メンマ/東洋食品_20200525_123504

名  称:味付けメンマ
原材料名:メンマ(中国産)、醤油、砂糖、蛋白加水分解物、発酵調味液、かつおぶしエキス、ポークエキス、チキンエキス、香辛料/調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、メタリン酸Na、(一部に小麦・さば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

製造者:東洋食品株式会社(群馬県伊勢崎市)
購入店:ツルハドラッグ中田店(宮城県仙台市)
価格等:140g(固型量70g)(@0.68円)/95円(本体価格)/2020.5.25
(商品ページ なし)JAN4535621100076
----------
※しょうゆ=しょう油=醤油、蛋白加水分解物=たん白加水分解物=たんぱく加水分解物、メタリン酸Na=メタリン酸ナトリウム

桃屋のメンマがなかったので立ち寄り先で当日用に購入

購入の目的:当日の昼に食べる冷やし中華用
選択の理由:立ち寄り先のツルハにこれしかなかったから

気付いた人がそれぞれ必要なものを書く

我が家は昼ご飯に麺類をよく食べるので、桃屋のメンマ(瓶詰)の買い置きがいつもあるのですが、母か夫か、どちらか最後に使った人が冷蔵庫のメモに書き入れるのを忘れたみたいで、昼前に冷やし中華を作ろうと思って確認したら「買い置きがゼロ」でした💦

うちでは食品や日用品が残り少なくなったり、各自で欲しいものがあるときは、冷蔵庫に貼ったメモ用紙に各自が書き込み、その日の買い物担当者がそれを持って出かけるルールですが(買ったら二重線やバツ印で取り消す)母や夫はたまにこれを忘れるんですよね😅

幸い今回は作る前に気が付きましたが、うちで一番近所のスーパーには桃屋のメンマを打っていないんです・・・

そこで日用品を買いに行ったツルハで「もしかしてあるのでは?」と思って棚を見ましたが、残念ながらツルハにもなく、しかたなく(笑)この商品を買ってきました。

ごろっと大ぶりでしたが薄味で美味しかったです

冷やし中華_20200525_135322

すみません、崩してから写真の撮り忘れに気が付きました^^

普段買っている桃屋もメンマ自体は中国製なので、本当はそれほどこだわる必要もないかもしれないのですが、昔から食べているのでなんとなく信頼感があるというか・・・

でも、こちらのメンマも上品な薄味でなかなか美味しかったです♥

製造元のHPを見てみたら、これを作っている東洋食品はセブンイレブンにキムチ(ご飯がすすむキムチ)などを納めているピックルスコーポレーションの子会社だったんですね。

原材料を見てみました Pick Up !

味付き醤油メンマ/東洋食品_20200525_131624

メタリン酸Na(メタリン酸ナトリウム)ってなに?

(調べてみました)
メタリン酸Na(ナトリウム)とは、直鎖状のポリリン酸と環状リン酸の混合物であるメタリン酸とNa(ナトリウム)の化合物です。

食品添加物としては、メタリン酸Ka(カリウム)と共に食肉製品やすり身の結着剤として使われたり、中華麺に必須であるかんすいの原料のひとつですが、金属イオンを封鎖する効果があり、漬物に使われるときは変色・退色を防止する目的で使われるようです。果実の缶詰の褐変防止の目的でも利用されています。

🌐 参考:メタリン酸塩とは – コトバンク
🌐 参考:食品添加物基礎講座 (その1)(アサマ化成)
🌐 参考:検索結果一覧 | 製品情報検索 | 製品紹介 | エフシー化学株式会社 大阪から食品添加物で食生活を豊かに
など。

※メタリン酸ナトリウムは安全性を気にしている団体もあります(➡ 要注意食品添加物リスト – 生活クラブ生協

蛋白加水分解物(たん白加水分解物)について

動植物や魚類のたん白質を酸(塩酸など)や酵素で加水分解(水と反応させること)して取り出したうま味成分(ダシ)で、化学調味料の天然素材バージョンです。

もっと詳しく
反応が穏やかな酵素よりも、スピーディに強いうま味が取り出せる酸を使うほうが主流ですが、原理としてはヒトの消化と同じものです(胃液の主成分は塩酸)。分解が終わった後の塩酸はアルカリで中和して食塩の形で除去されます。

植物性の場合は大豆・トウモロコシ・小麦等を原料として、食品をパンチのある味、シャープな味に仕上げます。
動物性の場合はゼラチンや畜肉や魚肉や乳たん白が原料で、味にまろやかさやコクを加えます。

食品にふさわしい様々なうま味をデザインして作り出すことが可能ですが、農産物・畜産物・海産物の加工後の残渣を再利用していることが多く(一例としてチーズの搾りかす、くず肉、魚のアラなど)、植物性の場合は、体に悪いクロロプロパノールという物質が製造過程で微量に発生するそうですが、製造方法の改善により現在は無視できるほどリスクが抑えられています。

このブログでは以下の食品に含まれています。



スポンサーリンク