レモンクリームチキンカレー/にしきや

スポンサーリンク



レモンクリームチキンカレー/にしきや_レモンクリームチキンカレー/にしきや_20200419_134523

名  称:カレールウ
原材料名:鶏肉、炒めたまねぎ、クリーム(乳製品)、ココナッツミルクパウダー、レモンジュース(ストレート)、りんごピューレー、砂糖、なたね油、小麦粉、チキン風味調味料、乾燥マッシュポテト、食塩、カレー粉、レモンピール、にんにく、でん粉、おろししょうが、香辛料、(一部に乳成分・小麦・大豆・鶏肉・りんごを含む)
製造者:株式会社にしき食品(宮城県岩沼市)
購入店:エンリッチランドリーサロン中田店(宮城県仙台市)

価格等:180g(@2.06円)/371円(本体価格)/2020.4.19
----------
でん粉=でんぷん=澱粉

にしきやのカレーを食べるときには母用にこれを買います

母がお米の水を間違えてご飯が固く炊きあがったので、今日の夜はにしきやのカレーを食べました。

👇 Amazonではこちらです(まとめ売り)

👇 楽天ではこちらです(単品あり)

市販のレトルトとは全然違います

レモンクリームチキンカレー/にしきや_レモンクリームチキンカレー/にしきや_20200501_185117私はにしきやの「グリーンカレー」が最高に好きなんですが、うちの母が「辛すぎてむせる」というので、晩ご飯ににしきやのカレーを食べる時には、母だけこのレモンクリームチキンカレーにしています。

にしきやのカレーはレトルトですが、レトルトだと思って軽く見てはいけません。種類がたくさんありますが、いわゆる普通の味のカレーはなく、どれもみな特色ある他ではなかなか食べられない味です。

レモンクリームチキンカレーはその名の通り、レモンの味を感じるクリーミーなカレーで、独特の風味ですがクセがなくあまり辛くありません。やさしくてさわやかな味なので、子供やお年寄りにはピッタリだと思います。

レモンクリームチキンカレー/にしきや_レモンクリームチキンカレー/にしきや_20191229_151345私は大好きなにしきやのカレーがほかにあるので「レモンクリームチキンカレー」自体はあまり食べませんが、お店で食べた時になかなか美味しかったので、母にはこちらを勧めています。

コインランドリーにカフェが併設された「エンリッチランドリーサロン」というお店でカレーを頼むと出てくるのがにしきやのカレーと知り、昔からネットで評判が高く人気商品だったこのカレーを一度食べてみたかったんですよね。

食べてみたら、ふわっとして穏やかな美味しさだったので、今は母のために何度もリピートしています。カレー通の方にとってはパンチがないので、ネットでは物足りないというコメントもありますが、普段食べているあのカレーを想像するからギャップを感じるのであって、これはこういう商品でいつものカレーとは別物だ、と思って食べてるのがいいんじゃないですかね♥

ただし、お値段はけっこう高いです。スーパーでボ ン カ レ ーを買うのとはわけが違うので、我が家では予算のあるときしか食べなかったりします^^(なんつったって今日は月初でそこそこリッチなメニューも可能でしたので(笑))


原材料を見てみました

レモンクリームチキンカレー/にしきや_20200419_134557

イメージできる自然な素材ばかりで本当にびっくりしました!

正直言ってびっくりしました。何度も文字を見直しました。今まで食べたことのあるレトルトカレーとは雰囲気が全然違うんです。全部、何が入っているのか素人でもイメージできるものばかりです。自分で全部用意して家でも作れるんじゃないか?と思うぐらいの原材料!つまり、わざわざ検索して調べなくてはいけないような、難しい名前の添加物等がまったくないんです。

どこにも強調されていないので、今まで無添加商品と思ったことがなかったのですが、同社のサイトを見てみるととても素材にこだわった作り方をされているようです。

もちろんひとつひとつの材料には少量の添加物が使われているかもしれないので厳密には無添加ではないのかもしれませんが、原材料表示に「〇〇剤」のような機能を表す用語がなく、科学的な物質名もなく、読んで字のごとく!という原材料ばかりで、見た目が穏やかで優しいです。

最近買って読んだ「食品の裏側―みんな大好きな食品添加物 Kindle版」では、何が添加物かよくわからないときは「家の台所にないものが添加物と思えばいい」という主旨が書かれています。これは、食材としてスーパーで買えるもの以外、という意味だと思いますが、真っ先にその一節を思い出しました。



スポンサーリンク