蒸し焼きそば/コープ(CO-OP)

スポンサーリンク



蒸し焼きそば(コープ)_w1280_20191222_114831





品  名:むし中華めん
原材料名:【めん】小麦粉、植物油脂(大豆を含む)、食塩/かんすい、グリシン、アルコール、着色料(クチナシ黄色素)
【ソース】砂糖、食塩、粉末ソース(小麦・大豆・りんごを含む)、香辛料、粉末水あめ、オニオンパウダー、ガーリックパウダー、酵母エキス、植物油脂、ラード/調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル)、酸味料
販売者:日本生活協同組合連合会(東京都渋谷区)
製造者:株式会社山口製麺工業(山形県山形市)
購入店:みやぎ生活協同組合(なかよし宅配)※共同購入
価格等:435g(めん135g×3食、ソース3袋)/99円(本体価格)/2019.11.XX
----------
むし中華めん=むし中華麺=蒸し中華麺、粉末水あめ=粉末水飴

生協宅配商品は存在感をPRしたい母のモチベーション

このブログでは初めての生協商品です。私は同じ家に住んでいながら、うちの母(82歳)と二人で生協の「なかよし宅配」を利用していまして(笑)、それはうちの母が生協の宅配の若いお兄ちゃんにいい顔したかったからですな😅

うちの母は82歳ですが、ひとりで切符買って東京にも行くし、友達とグループ旅行もするし、いまどきの82歳は皆さんが想像するよりもずっと若いですよ。見た目もたぶん80代には見えないと思います。(同世代の親を持つ友人の話によると、これはかなり人に寄るらしい)

その母が生協宅配のお兄ちゃんのセールストークにほだされて、娘の私に「あんたも生協の宅配取りなさい」と強力に言ってきたのは、ひとえに「誰かの役に立ちたい」「感謝されたい」という思いによるものだと思います。

蒸し焼きそば(コープ)_w1280_20191223_054219いくら元気でも年齢的にいつ何かあるかわからないと思っている母親に満足していい気分になってもらいたいので、私はそれを快諾して数か月経った次第です。

だからうちの母が「これ、生協で取ったの。おいしいでしょ?」としつこく言って来ても、「そうだね、美味しいね」で済ませています。やっぱり歳をとると誰かに「ありがとう」って言われたいんですよね。

ラーメンや焼きそばが大好きだった私も、最近はダイエットの目的もあってあまり中華麺を食べないのですが、昨日は冷蔵庫を見たら先月母が注文したまま賞味期限が切れてしまった生協の蒸し焼きそばがあったので、おっとっと・・・と思ってお昼ご飯に食べました。

賞味期限が多少切れても気しないタイプ

我が家は賞味期限が多少切れても気にしない家でして(というか私がそうなのでw)、うちの冷蔵庫の半冷凍の引き出し(パーシャル?というパナソニックの機能?)で半冷凍になっているものは尚更いっそう賞味期限がオーバーしても、私は自分の直感を信じて調理することにしています。

蒸し焼きそば(コープ)_w1280_20191222_114921

焼きそばはレンジで温めてから調理してます

ということでこの商品の選択の理由は 母が買ったものだから ですが、ではなぜ母がそれを選んだかというと、急に自分がお昼ご飯担当になったときのストック用 であり、本人が 焼うどん・焼きそばなどの炒め物が割と好きだから かな。

我が家のお昼ご飯は基本的に私が担当ですが、用事があって外出した時に息子が規制してきたりすると、突然、母に頼んだりするので。

食べた感じとしては、いつも私がスーパーで買っている焼きそばよりも、香辛料の香りが効いているような気がしました。

でもいつも思うんですが、中華麺のソースやパウダー類って美味しいし確かに家庭では出せない味になっているけど、けっこういろいろ入っているんだなぁって表示を見ると思いますよね。あとこれ、山形でつくっているんですね。その土地、その土地の生協に寄って発注先がきっと違うと思うので、なぜその業者さんを選んだのかもちょっと興味ありますね。

スライドショーには JavaScript が必要です。



スポンサーリンク