今日のお昼ご飯は戸田久の「もりおか冷麺」でした。美味い~!

スポンサーリンク



今日のお昼ご飯は、大好きな戸田久の「もりおか冷麺」をつくって食べました。
大好物なんです!暑くなると毎年これを食べています。今年は今日が初冷麺です!

本日の加工食品

●主食「もりおか冷麺/戸田久」 ●冷麺の具「ロースハム/丸大食品」 ●デザート「プレーンヨーグルト脂肪ゼロ/セブンプレミアム」 ●漬物の素「こうじ漬の素/つけもと」 ●つぼみ菜のからし和え「S&B本生「本からし」/エスビー食品

作りました。私がやっている戸田久「もりおか冷麺」の作り方

食品の原材料表示はよく見るけど、作り方自体はあまり真面目に読まないので(意外に偏りのある性格(笑))、このやり方でいいのかわかりませんが、私はこんな感じで作ってますよ~(正しいかどうかはわかりません😅)

大好きな「もりおか冷麺/戸田久」で冷麺を作ろう

もりおか冷麺/戸田久_20200429_125203(0)

食材は以下を3人分使用。
👉 もりおか冷麺(二人用)/戸田久 

▼最初に麺を茹でるお湯を沸かしながら具材を切っておきます。我が家の冷麺の具は冷やし中華とほぼ同じ(笑)(卵がキムチに差し替わるぐらい?)※まな板が汚いので写真はとても出せません💦今度、閲覧に耐えられる新品を買っておきます(汗)


▼スープも先に作っておきます。1人前で1袋約200ccの水で伸ばします。私は計量カップに氷を先に入れて、それに水を入れて200ccにしています。出来上がるころには氷が少し溶けていていい感じです。

▼ちなみに手抜き主婦なので、ゆで卵はその辺の輪ゴムで切ります(笑)チカラを入れてピンと伸ばさないと切れないけど、お手軽なので、2分割するときはは毎回この方法で(笑)

▼さて、お湯が沸いたので麺を茹でる体制に入ります。冷麺は結構がっちり固まっています。

▼お湯が湧いたら人数分を投入

▼説明書きには茹で時間1分(柔らかめ2~3分)なんて書いてあるけど、これは信じない方がいい(笑)1分なんてともて食えない(!)です。2~3分でも固いです。たぶん私は4~5分茹でているはずですが、タイマーをかけずに食べながら茹でるので未確認です。

▼かなり固まっているので麺を入れて再度沸騰したら、本気でほぐしにかかります(笑)

ちょこっとつまんで引き揚げてからパッと離す!を徹底的に繰り返す

▼執拗につまんで離します(笑)ここは執念が大事です。

▼一本食べてみて、よさげな硬さになったらザルにあけます。やけどに注意!

▼鍋つかみは(厚手)は必須です。

▼ざるにあけた冷麺を空になった鍋に戻し、何度もジャーっと水を入れて手でかき混ぜながら冷やします。

▼このときも、執念深く何度も麺のくっつき(かたまり)をつまんでほぐします。

▼なんとなくだいたいほぐれたら(←執念深い割には判断基準がいい加減(笑))容器にあけます。さてここからは、麺がのびないように一気にガーッといきます!

▼あけた麺の上に具材を載せて、事前につくったスープを流し込みます。氷も角が丸くなっていい感じに溶け気味ですね。

▼出来上がり~!なんとなく今日はスープが多い気もするが?まあいいか、分量通りだし。

▼やっほー♩今日のお昼ご飯です!

▼私は辛いのが好きなので、付属のキムチの素は絞ってでも入れるタイプです(笑)

▼美味い~!最高だ♥幸せだ~♥

 



スポンサーリンク