ブロックベーコン/フードリエ

スポンサーリンク



ブロックベーコン/フードリエ_20200229_075403





名  称:ベーコン(ブロック)
原材料名:豚ばら肉、還元水あめ、卵たん白、食塩、大豆たん白、香辛料/調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、カゼインNa、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンC)、くん液、発色剤(亜硝酸Na)、着色料(コチニール、紅麹)、(一部に卵・乳成分・大豆・豚肉を含む)
販売者:株式会社フードリエ(大阪府高槻市)
製造者:那須高原ハム(栃木県那須塩原市)
購入店:サン・マルシェ東中田店(宮城県仙台市)
価格等:230g(@2.24円)/179円(本体価格)/2020.2.29
商品ページ)(スクリーンショット)JAN4901366025781
----------
還元水あめ=還元水飴、卵たん白=卵蛋白、大豆たん白=大豆蛋白、ビタミンC=V.C

母がポテトサラダに愛用してます

ブロックベーコン/フードリエ_20200301_072952母から頼まれて買いました。うちの母(82歳)はポテトサラダをつくるのが上手いのですが、このベーコンだと薄すぎず、自分で好きな厚さ(本人は1ミリ弱ぐらい)カットできるので、食感良く仕上がっていいそうです。

確かに市販のベーコンは薄く切ってパックされているものが多いので、その意味では好みに切ることができていいかもしれません。

でもこの記事を書いていて気が付いたのですが、私がスーパーで買った値段でグラム当たりの単価を計算してみると、意外にも丸大のロースハムより高いんですよね。なんとなくロースハムのほうが高級感があるので意外でした。

ちなみにうちの母は82歳ですけど、気持ちも見た目も若いですよ。見たい画家の展覧会があると一人で東京に行っちゃいますからね。60代には見えませんが、70代なら通用するかも(笑)

ベーコンとハムの違い

ベーコンとハムの違いは
①素材の部位
②形を整えているかどうか
③ボイルやスチームで加熱しているかどうか
なのだそうです。

ベーコンは
①豚のバラ肉(ハムは原則もも肉)を使い
②糸や布で丸く巻いたりせず
③茹でたり蒸気にあてたりせず燻製のみ
ということなので、ベーコンは燻製だけど、ハムは加熱食肉製品なんだそうです。へー。

ま、確かに味が違うので言われてみればそうですが^^最近はどちらもスライスしてパックされているので、あまり意識したことがありませんでしたね。

フードリエは元グリコハム

恥ずかしながらフードリエという会社はあまり聞いたことがなかったので、ナショナルブランドではない中堅メーカーと思っていたら、前身はグリコハムだったんですね💦

今はこてっちゃんのエスフーズに身売りしてしまったみたいですが、グリコハムは購入記憶があるので(何だったかは忘れた)よく覚えています。

そして製造元の那須高原ハムというのもその子会社みたいです。会社沿革を見てみると複雑な変遷をたどって今に至っているみたいですが、食肉加工業というのは不安定ものなのでしょうか?真相を知ってみたいです。



スポンサーリンク