マルちゃん焼きそば/東洋水産

スポンサーリンク



マルちゃん焼きそば/東洋水産_w1280_20200112_105923

品  名:むし中華めん
原材料名:
▶【めん】小麦粉(国内製造)、植物油、食塩/グリシン、かんすい、クチナシ色素、保存料(しらこたん白)、(一部に小麦、さけを含む)
▶【添付調味料】砂糖、食塩、粉末ソース、香辛料、粉末醤油、ポークエキス、植物油/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料、
(一部に小麦・大豆・豚肉・りんごを含む))
製造者:東洋水産株式会社(東京都港区)
製造所:「M13」同社埼玉工場(埼玉県日高市)
購入店:サンマルシェ・東中田店(宮城県仙台市)
価格等:480g(めん150g×3)(@0.41円)/199円(本体価格)/2020.1.11
商品ページ
----------
※むし中華めん=むし中華麺=蒸し中華麺、粉末醤油=粉末しょう油=粉末しょうゆ

99円の焼きそばとはどこが違うんだろう?

購入の目的:規制してきた長男一家と大人数で食べるお昼ご飯用。子供達も食べてくれそうで作り置きも可能
選択の理由:行きつけのスーパーで買っている昔からの商品でお値段も手頃だから

帰省してきた長男一家と自宅で食べるお昼ご飯用に買いました。

焼きそばはなんとなく油っこい感じがして、最近はほとんど食べませんが、孫たちが好きだし、大人数のときには汁のあるラーメンやうどんよりも即時性を問わないので、焼きそばにしました。

焼きそば_w1280_20200112_112125売り場でパッと目についたのは、大久の焼きそば(99円)とこちらでしたが、今まで大久を買い続けいてあまりおいしい感じがしなかったので、今回はこちらにしました。あとは、値段が高いほうが質がいいイメージ だったから。

結果はやっぱり大久よりも美味しく感じましたが、考えてみれば我が家は長い間、焼きそばはマルちゃんだったので「そうそう、これこれ!」という印象で美味しく感じたのかもしれませんね。

加工食品は『生協派』のうちの母は、なぜか生協の食品は美味しいと信じ切っていて、焼きそばも市販品を嫌がるのですが、そんな母も「最初は食べたくなかったけど食べたら美味しい」と言って食べていました(笑)

焼きそばの値段の差ってどこなんでしょうね?ちなみに母が信奉している生協の焼きそばも99円なのですが・・・^^



スポンサーリンク