ゆであずき/ほていフーズ

スポンサーリンク



ホテイ「ゆであずき」_20181222_160548

ホテイ「ゆであずき_20181222_160602

名 称:ゆであずき
原材料:あずき、砂糖、生あん、食塩、増粘剤(加工デンプン)、pH調整剤

製造者:株式会社ホテイフーズコーポレーション(静岡県静岡市)
製造所:未確認
購入店:サン・マルシェ東中田店

pH調整剤がちょっと気になる・・・

同居の実母が冬至カボチャをつくってくれるということで、ゆであずきを頼まれました。

普通に缶詰コーナーにあったものを買ってきましたが、家に帰って原材料表示を見たら、pH調整剤が入っているんですね。

pH調整剤は食物の腐敗を防ぐために食品のpH(酸性/アルカリ性)を調整する添加物ですが、たまたま少し前に以下を読んで、なんとなく気になっていました。

コンビニのパンは超危険?見えないかたちで大量の添加物、健康被害の恐れ

缶詰なのにpH調整剤が入っているのね

確かにコンビニのサンドウィッチのレタスは時間が経っても切り口が赤くならないので、何かの処理はされているんだろうなぁという気がしますし、コンビニに納入しているサンドウィッチ製造会社の従業員は、自社の商品は絶対に食べないというウワサ(?)も聞いたことがあります。

ただ、レタスにつかうのはわかる気がするけど(よいと思っていないが理屈は理解できる)、缶詰にも入っているんですね。

缶詰ってそもそも食品を長く保存する昔ながらの方法だったのに、やっぱり使わないとダメなのかしら?単純な興味として、なぜ使用するのか知りたくなってしまいます(笑)

同じ日の夕方に再びスーパーに行ったら、野菜コーナーのカボチャのところに別なメーカーのゆであずきがあったので、そちらも買って来てみました。原材料は以下。pH調整剤は入っていませんでしたが、こちらには甘 味 料(ソ ル ビ ト ー ル)が入っていました。

ふーん、ゆであずき(缶詰)って素朴な食品のように思っていたけど、案外そうでもないんですね。

 

記入日 原材料
2018.12.23
サン・マルシェ東中田店

ゆであずき(加藤産業)

加藤産業「ゆであずき」_20181222_160610  加藤産業「ゆであずき」_20181222_160620

あずき、砂糖、食塩、甘 味 料(ソ ル ビ ト ー ル)、増粘剤(加 工 デ ン プ ン) 



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です