日本の炭酸水/伊藤園

スポンサーリンク



伊藤園「日本の炭酸飲料水」_20190112_205247(0)

品  名:炭酸入りナチュラルミネラルウォーター
原材料名:水(鉱水)/炭酸ガス
・採水地/福岡県朝倉市柿原

販売者:株式会社伊藤園(東京都渋谷区)
製造所:株式会社ふくれん(甘木工場)(福岡県朝倉市)
購入店:サン・マルシェ東中田店(宮城県仙台市)
価格等:500ml/59円/税抜き/2019.01.12

何てシンプルな炭酸水!と思ったら

何てシンプルな炭酸水!と思ったら、これは炭酸入りのミネラルウォーターという位置づけなんですね。

炭酸水って「水+炭酸」だけと思ったら大間違いで、実は結構いろいろ入っているんです。だから買う時は必ず見て買うようにしています。

今まで見た中ではセブンプレミアムの炭酸水が一番シンプルでしたが、こちらはミネラルウォーターに炭酸を添加したという感じのようです。

原材料名の表示で、炭酸がスラッシュで区切られているところをみると、炭酸って扱い上は添加物なのね。

自作ドリンクをつくろうと思ったが挫折

突然、炭酸水を買ったのは、帰宅時に甘い飲み物(しかも炭酸系)が飲みたくなったからです。

でも市販の炭酸清涼飲料水は砂糖が入り過ぎているので、炭酸水にオリゴ糖でも入れれば少しは気持ちも満足するかな?と思って(笑)。

けれど、似たようなことをたまにやっても、「美味しい」と思ったことは一度もないですね😅

甘い紅茶やレモネードを自分でつくって炭酸を足しても、ちっともいいお味にはなりません。もちろん市販のオレンジジュースに足してもファンタオレンジのようにはなりません。

つまり市販の炭酸系の清涼飲料水は、私たちの知らないところで(添加物等も含めて)美味しくなる工夫を一生懸命しているってことですよね。

でも飲めなくはない味なので、とりあえずそれで行こうと思ったら、勝手にカナダドライが目に飛び込んできてしまいました。

あー、カナダドライ!そうそう、今私が飲みたいのはまさに、これなんだよ。

そう思ったとたんにカナダドライを篭に入れていましたwww

ふくれんとは?

ちなみにこの商品の製造所である「ふくれん」というのはJA福岡の子会社のようです。

サイトを見てみると、まぁ、立派な工場が二つもあって、結構多彩な食品・飲料をつくっているんですね。

宮城のJAはそういうことしているのかな。

ふくれんのサイトの工場紹介(甘木工場)の文章の一部に、以下のような一文があるので、委託生産なんかもしてそうですね。ていうか、これがまさにそうか^^

炭酸飲料を主体とした265ml~500mlサイズのペット製品の製造に対応出来ます(1分間に400本の生産が出来ます)。甘木の豊かな天然水を使用することも出来ます。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です