アクセス解析 弁当>日本レストランエンタープライズの「東北福興弁当」 | 喫煙デージーのわがままランチ&ディナー 弁当>日本レストランエンタープライズの「東北福興弁当」 – 喫煙デージーのわがままランチ&ディナー

弁当>日本レストランエンタープライズの「東北福興弁当」

スポンサーリンク






日本レストランエンタープライズの「東北福興弁当」です。お値段は1,150円。仙台駅の新幹線の改札の中にあるお弁当屋さんで買いました。以下の写真の丸印のところです。この写真は別な日の夜に撮ったものですが、実際は早朝に買いました。購入日は2017.02.11。

 

外観はこんな感じです。

 

包み紙はこんな感じ。

 

メニューはこんな感じです。

 

中身は東北各地の食品事業者がつくった地域やその会社の名物的なおかずや材料が使われていて、メニューの紙を見ると、内訳は以下のようです。

①たこマリネ~米ドレッシング【宮城】(株)かね久
②小女子(こうなご、こなご)【宮城】(株)木の屋石巻水産
③ギバサ【宮城】(株)シーフーズあかま
④トマトソース【福島】遠野産業振興事業協同組合
⑤若桃の甘露煮【福島】あぶくま食品(株)
⑥とび魚だし【山形】(株)みどりサービス
⑦”比内地鶏”そぼろ【秋田】(株)四季菜
⑧雑穀味噌【岩手】佐々長醸造(株)
⑨大葉入り”会津味噌”【福島】会津天宝醸造(株)
⑩ワインたくあん【山形】(株)壽屋漬物道場
⑪さめだし【青森】(有)田向商店
⑫鱈しょっつる【秋田】日南工業(株)
⑬佐助豚【岩手】久慈ファーム(株)
⑭帆立味噌【青森】(有)アラコウ水産
⑮にんにく【青森】田子かわむらアグリサービス(有)

 

小女子は「こうなご」と打つと変換されるのでそう読むのだと思いますが、私の家では「こなご」と言っています。調べてみるとイカナゴの稚魚を指すようですが、普通にスーパーなどで佃煮を売っているので、あまり意識したことないですよね。

ギバサというのは海藻のアカモクのことらしいです。自分もアカモクがなんだかよくわからないのですが、ネバネバしていてミネラルも豊富らしいので、ヘルシーな海藻として売り出そうという動きがあり、その活動の関係者らしい私の友人もよくFacebookでつぶやいています。

遠野産業振興事業組合というのは名前から見て岩手県だと思っていたら、福島県いわき市の団体さんなんですね。遠野町という町がいわきにあるらしい。

(株)みどりサービスは、JA庄内みどりの関連会社ですが、リンクを貼るのにHPをみたら、いきなり「あんべみれ」という大きなバナーが目に飛び込んできて、思わず受けてしまいました。「あんべみれ」はJA庄内の産直ショップの名前らしいですが、「あんべみれ」というのは「塩梅を見てね」という意味で、東北(主に北のほう)全体では「具合・状態を確認してね」という意味になると思います。庄内地方ではどうやら「味見してね」という狭い意味でも使われるようです。なかなかよいネーミングですね。

ひえー、リンクを貼るのに有限会社田向商店(たむかいしょうてん)のホームページを開いたら、「鮫と共に歩んで幾星霜」の小見出しにちょっとびっくり。よく見たらファビコンも「鮫」の文字。こちらは海の鮫(サメ)を扱う会社さんで、種類は「アブラツノサメ」というサメだそうです。いやぁ、こうやって調べていくと勉強になりますね。

日南工業は秋田県にかほの醸造会社らしいです。ブランド名がキッコーマンならぬキッコーナンで、ロゴもそっくりなのが笑えました。でもきっと、昔はヤマ〇〇〇とかキッコー〇〇とか、お店の家紋にちなんだ屋号がよくあったんだと思います。

青森にんにくの田子は「たっこ」と読むようです。知らなかった・・・仙台市にある住所の田子は「たご」と読むので今の今まで同じだと思っていました。

 

いやー、こうやって調べながら、思いつくままを書いていると、お弁当に中身や味よりも、会社情報に目が行ってしまっている自分がおります(汗)でも、東北の復興を願う福興弁当なんですから、それも十分、主旨に合っていると思います。頑張ってリンクを貼ったので、東北以外の方でこのページをご覧の方は、少しでもクリックしてあげてみてくださいね。

 

 

 

 

コメントを残す