笹かまぼこの原材料ラベル

仙台名産の笹かまぼこですが、お土産や贈答品としてつかわれる著名店の商品から、スーパーで売っている手軽な価格のものまで種類は様々。ほかの県は不明ですが、いまは宮城県のコンビニならどこでも置いてある定番的な商品でもあります。では一体どこが違うのでしょうか?ラベルだけでは判断できないと思いますが、各商品の原材料を見比べてみたいと思います。

白謙蒲鉾店(1枚170円税抜)

原材料:魚肉(たら、ぐち、きちじ)、砂糖、清酒、卵白、食塩、でん粉、乳たんぱく、水飴、食物せんい、みりん、乳製品、ゼラチン/調味料(アミノ酸等)、保存料(ソルビン酸)、ビタミンC(一部に卵・小麦・乳成分・かにを含む)
販売者:株式会社白謙蒲鉾店
購入/ヨークベニマル太子堂店(2017.07.15)

スーパービッグ(8枚入300円税込/1枚37.5円)

原材料名:魚肉(たら、鯛)、砂糖、卵白、加工澱粉(小麦由来)、食塩、調味料(アミノ酸)、本みりん、保存料(ソルビン酸)、乳たんぱく、ビタミンC
製造者:(株)阿部平蒲鉾店
購入/スーパービッグ東中田店(2017.06.26)

セブンイレブン(4枚入※確認中)

原材料:魚肉、卵白、清酒、食塩、砂糖、青しそ、発酵調味料、乳たん白、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、ソルビトール、香料
販売者:有限会社陸前屋高橋商店
購入/セブンイレブン東中田店(2017.06.21)

デイリーヤマザキ(3枚入128円税込み/1枚43円)

原材料:魚肉、でん粉、砂糖、食塩、※発酵調味料、清酒、卵白、かつお節エキス、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、ソルビット、(原材料の一部に、小麦、卵、大豆を含む)
製造者:株式会社高浜
購入:デイリーヤマザキ仙台八幡二丁目店(2017年6月21日)

阿部蒲鉾店(1枚※確認中)

原材料:魚肉(たら、いとより、ぐち、吉次、その他)、卵白、でんぷん、清酒、塩、砂糖、水あめ、発酵調味料、本みりん、醤油、調味料(アミノ酸等)、トレハロース(原材料の一部に小麦を含む)
製造者:株式会社阿部蒲鉾店 泉工場
購入:いただきもの(2017年6月20日)

禁煙>今どき貴重?な不愛想なお店は客平均年齢高めの県民会館東龍門

東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)の2階にある東龍門で「五目焼きそば」を食べました。東京エレクトロンホールは、先日までずっと改築中で、貸し会議室が使えなかったので、ここ1年は利用できず、結果としてこちらの東龍門にも同じ期間だけ来ることがなかったのですが、めでたく改築も終わり、会議室が無事使えるようになったので、我々の勉強会も再び、ここに戻ってきました。

うちの母は、東龍門の五目焼きそばがお気に入りなんですが、私は普通かな。自分は、今から25年ぐらい前に、一番町の泰陽楼で食べた五目焼きそば(メニューとしはただの「焼きそば」だったかも?)が大好きだったので、どうしてもそっちに近い味を求めてしまうんですよね。決め手はあんが白っぽいことと、あと、なんというか「あぁ、これこれ」という香りがしたんです。あれは何の匂いなんだろう・・・それがあるお店とないお店があるんですよ。東龍門さんは、「ない」んですよね。

ところで、こちらの東龍門さんは、本当に店員さんが不愛想なお店で、いまどきむしろ貴重で、そこに懐かしささえ感じてしまいます。このときも、オーダーを頼み終わって端末に入れ終わった直後に、思い直してすぐ追加でアイスコーヒーを頼んだら、「もう、(オーダーが厨房に)行っちゃったんで。」という理由で断られかけました。え、断るの?www

全員が驚愕のまなざしで見つめたせいか、しぶしぶオーダーを聞く体制になってくれましたが、「(アイスコーヒーは)前ですか?あとですか?」詰問のような口調だし、ここでもし「食後に」と言おうものなら、たぶん、「じゃ、食後に頼んでください」と言われそうな雰囲気だったので、全員がすかさず「前に!」と頼んだのが笑えました。

このお店は、どの人が特別不愛想というわけでなく、全員が同じように不愛想なので、これはもう社風というかお店のカラーと思って構わないと思うんですが、昔の食堂はこんなお店も多かったし、何よりここってたぶん、常連さんが多いと思うんですよね。だから、みんな、わかって利用している気がします。

あと、このお店は広いほうのテーブルが6席のため(カウンターはない)、1~3人のお客さんだと混雑時にバンバン相席で入れられますが、いまどき珍しい6人掛けのテーブルなので、しょうがないし、写真を見ても少しわかる通り、お客さんの平均年齢が高いんですよね。逆に言えば、お店も古いしオシャレじゃないし、若い人は来ない店ということになるのでしょうが、私を含め、おじちゃん、おばちゃん、おじいちゃん、おばあちゃんは、相席がさほど気にならないので、「食えるならいいか」という感じです。

 

2年ぐらい前までは、お店の外の窓際に灰皿と椅子がおいてあって、喫煙者はそこで一服できたんですが、1年ぐらい前から撤去されてしまいました。しかも、近くのローソン仙台定禅寺通り店の灰皿までなくなってしまったことがこの日わかり、個人的には茫然・・・うわー、東京エレクトロンに来たときは、今度からどこでタバコをすえばいいんだー??

ということで、今回は五目焼きそばですが、私はエビ焼きそばのほうが好きかな。東龍門のエビ系の麺は美味しいですよ。といいつつ、今回は五目焼きそばを頼んだ管理人でした。

 

関連ランキング:中華料理 | 勾当台公園駅北四番丁駅広瀬通駅

 

禁煙>甘辛濃いめの味でご飯は進むが米はイマイチ松川PAホルモン丼

二本松の帰り、福島松川パーキングエリアによって「福島ホルモン丼」(800円)を食べました。甘辛い味噌仕立ての濃いめのお味で、ご飯が進む、進む(笑)。「ご飯少な目」で頼んだのですが、ほかの人とあまり変わらない量かも。昼ごはんからそれほど時間が経っていなかったので、ご飯は残してしまいましたが、これがもし空腹状態だったら、普通盛りでも一気に食べきっていたと思います。

ただ、ちょっとご飯がボソボソして触感が少々イマイチだったような気がします。でも美味しい。お腹が空いていたら、もりもりイケます!

 

 

この日は暑くて、ごついおじさん達も、手に手にソフトクリームを持ってベンチや社内で食べているのが可愛かったです。私もピーチソフトというの買って食後に食べてしまいました。せっかくホルモン丼を「ご飯少な目」で頼んだのに、デザートにソフトクリームを食べたら意味ないよね。これが要するに別腹ということ?(笑)。

ですが、ピーチソフトは、思ったより酸っぱくて、しかも量が多く、結構食べきるのが大変な上に、暑くてどんどん溶けてくるので、車内で何度か冷や汗をかきました。当然、手もべたべたになりました。これはボリュームがあるので、デザートというよりは、単独で頼んで一気に食べきったほうがいいですね。

 

夕方なので写真は少し暗めですね。

 

個人的には、なぜ「福島ホルモン丼」なのかよくわかりませんが、この地域の名産なのかな。全然知りませんでしたが、あとで、ネットで調べてみようっと。

 

関連ランキング:その他 | 金谷川駅

稲荷寿司(いなりずし)の原材料ラベル

スーパービッグ(3個入198円税抜)

原材料名:原材料名:酢飯(国産)、油揚げ[大豆(遺伝子組み換えでない)、植物油、水飴、砂糖、醤油、酢、でん粉、食塩、酢酸Na、着色料(カラメル)、リン酸塩(Na)、調味料(アミノ酸等)、油性甘草、]原材料の一部に大豆、小麦を含む
(株)サンマリ スーパービッグ東中田店
購入/スーパービッグ東中田店(2017.06.25)

デイリーヤマザキ(3個入205円税込)

原材料名:いなり寿司(酢飯、(国産米使用)、味付油揚げ)、生姜酢漬、ソルビット、pH調整剤、調味料(アミノ酸)、酸味料、甘味料(ステビア)、香料、(現在料の一部に乳成分、小麦、りんごを含む)
製造者:(株)サンデリカ仙台第二事業所
購入/デイリーヤマザキ仙台八幡二丁目店(2017.06.21)

セブンイレブン(3個入185円税込)

原材料名:酢飯(国産米使用)、味付油揚げ、生姜甘酢漬、豆腐凝固剤、増粘剤(加工澱粉)、pH調整剤、調味料(アミノ酸)、酸味料、甘味料(ステビア)、カラメル色素、(原材料の一部に小麦を含む)
製造者:(株)武蔵野 仙台工場
購入/セブンイレブン仙台東中田店(2017.06.21)

魚に脂や調味料を注入する機械フィッシュインジェクター

コンビニの巻き寿司やスーパーの稲荷寿司、生寿司の原料成分のラベルを眺めていて、結構、いろんなものが入っているんだなぁ、と、(わかってはいたが、それでも今更ながら)改めて思っている今日この頃、ふと、以前、TVで見た、魚に脂を注入する機械のことを思い出しました。

調べてみると、インジェクションというんですね。いまや、肉などでは当たり前に使われている技術なので、肉のほうは情報が一杯あるんですが、魚についてはなかなか画像も動画もなくて・・・・

ですが、ありました。なんと、わが宮城県の気仙沼の会社さんで、株式会社フィッシュカッターツネザワ商事という会社のHPにフィッシュインジェクターの動画がありました。ダウンロードして転載します。デモに使われている魚はホッケかな。

 

私はこれに似た映像を以前TVで見たことがあったので知っていましたが、初めて見る人にはショックですよね。でも今、安い居酒屋やファミリーレストランだけでなく、スーパーで売っている切り身魚など、多くの鮮魚製品でこれが使われています。

 

インジェクターはお肉でも普通に使われています。以下は、株式会社タカミという会社さんが輸入しているfomaco(フォマコ)社(デンマーク)の製品です。

注入されているのはピックル液と呼ばれる牛脂を含んだ液体で、内容は、水、国産の牛脂、水あめ、食塩、寒天、乳たんぱく加水分解物、複合エキス、発酵調味料、調味料(アミノ酸等)、安定剤(加工デンプン)、増粘多糖類、pH調整剤など原材料表示でよく見かけるものばかりですが、これって実は工場で大量生産されるハムやソーセージの技法とのこと。

 

ピックル液は燻製をつくるときの漬け込み液をそう呼ぶので、元々は安くて品質の悪い肉を高級なお味に仕立て上げるためではなく、燻製などをつくるときの昔からあった加工技術であったのかもしれません。

牛肉で牛脂注入肉の製造工程は、神戸新聞社さんが取材した以下の動画でも確認できます。

 

でも、安いのに柔らかくて美味しい魚や肉は、脂やうま味調味料が注入されているということはわかっておいた方がいいですよね。それだけでなく、腐敗を防ぎ日持ちを良くするためにpH調整剤なども含まれてますから、こうなると生鮮食品に見えて、実際は工場で作られた工業製品のイメージに近いと思います。

インジェクション加工について興味がある方は、以下も合わせて読んでみてね。そんなことより、まず喫煙をやめろって言われそうですが・・・(汗)

居酒屋のホッケが旨いのは400本の注射針を射ったから (食品のカラクリと食べ物語)

第3弾! あなたは何も知らずに食べますか 美味すぎる食い物には「ウラ」がある(週刊現代)

 

 

 

 

 

 

 

 

ウジエの稲荷寿司・生寿司の原材料と成分

先日、ふと気になって「お弁当>日本レストラン「サラダ巻&いなりセット」の原材料と成分」という記事を書いたんですが、昨日遅くに泊りの出張から帰宅したら、どうやら、我が家の夕ご飯はウジエスーパーで買った生寿司と稲荷寿司だった模様。

早速、ゴミ箱をあさってみると、ありましたー!私が不在の間に家族が食べた生寿司と稲荷寿司のパックの残骸が(笑)

パッケージの形状と模様から見て、写真の左が稲荷寿司、右が生寿司と思われます。

それによると、ウジエスーパーのお寿司の原材料と成分は以下のようです。

【稲荷寿司】

原材料名:酢飯(国産)/調味料(アミノ酸等)・増粘剤(加工でん粉)・甘味料・凝固剤・酵素・酸味料・消泡剤・ソルビット・乳化剤(ソルビン酸K)(一部に小麦・大豆を含む)

 

ん?消泡剤ってなんだ?これか?は?シリコーンオイル?脂肪酸エステル?なんかよくわかんないものが入っているのね・・・

 

【生寿司】

原材料名:酢飯(国産)/調味料(アミノ酸等)・増粘剤(加工でん粉)、漂白剤(次亜硫酸Na)、甘味料(アスパルテーム)、酵素、酸味料、乳化剤、pH調整剤、酸化防止剤(V.C)、保存料(ソルビン酸K)、着色料(アナトー、カラメル、紅麹)(一部に小麦・卵・大豆・いか・いくら・えび・さけを含む)

 

ん?漂白剤?これって漂白剤入ってんのか・・・そのほかにも色々入ってんだねぇ・・・やっぱりスーパーやコンビニの生寿司って、ナチュラルじゃないよね。

 

早朝に鳥の声で癒される、千厩(一関)ホテル三嶋の湯の朝ごはん

私の千厩の定宿「ホテル三嶋の湯」の朝ごはんです。1年に何度も利用しているので、いつも歓迎してくれる気心の知れた暖かい旅館さんです。千厩には旅館が数件ありますが(たぶん、こちらも含めて3件?)、お仕事先の方の「一押し」でこちらの「三嶋の湯」さんを用意していただいています。

 

 

町内のほかの旅館さんに泊まったことはありませんが、一番規模が大きく設備も整っているのではないかと思います。町から少し離れていますが、車で行く分には全く問題なく(千厩駅から10分ぐらい)駐車場も広くて台数が多く停められます。以下は客室から撮った風景です。

 

 

私は喫煙者なので喫煙可能な和室に泊まりますが、禁煙のビジネスホテル棟のお部屋はベッドの洋室で、バス・トイレ付の新しいお部屋です。千厩は東日本大震災のときは気仙沼への補給路と支援基地になった町でもあり、ビジネス棟はそのときに増設されたようです。

余談ですが、こちらの旅館さんは、震災時には気仙沼と千厩を毎日往復するマイクロバスを出して、復旧に携わる方にお風呂を提供されていたそうです。あの時期に暖かいお風呂に浸かれるのは、どれだけありがたかったことだろう、と思います。

 

洋室は新しくて居心地のいいお部屋ですが、残念なことにお部屋に鏡がなく、女性は室内でお化粧しにくいと思います。でもこちらの旅館さんは、震災から6年経った今も復興関係者の宿泊が多く、女性のお客さんはほとんどいないので(稀に団体のお客さんがいる程度)、これで不満が出ることはない気がします。私は喫煙できないという理由のほうで、次の次からは和室に変えてもらっちゃいましたが(^^ゞ なので下の写真は2015年のもの。

 

ということで、いつも準備してもらっている和室(別館)です。ところどころリフォームしてあって、いいお部屋です。バス・トイレ付ですが、自分は大浴場(そんなに大きくないけど)を利用するので、あまりお風呂は使ったことがないけどね。ただし、お部屋は毎回、こちらの旅館さんと懇意にされているお仕事先の方が手配してくださるので、もしかしたら私のために融通を効かせてもらっているなど、ほかのお客様にはない配慮をしていただいているのかもしれません。

 

「ホテル三嶋の湯」は、建物や設備は少々古く、昭和で時間が止まってしまったような旅館さんです。ですが、町内のほかの旅館さんは、さらにもっと古いです・・・千厩は一応、電車が通っていますが本数がとても少なく、しかも一関までは時間もかかるため、お仕事で来る人のほとんどは車だと思います。

で、車だと、町から離れているこの場所でも何ら気にならないので、千厩に車で来てお仕事される方は、「ホテル三嶋の湯」さんは、おススメだと思いますよー!

ただし、夜に町中で食事したい人にはちょっと遠いかも?ですが町内には代行屋さんもあって、電話すればすぐに来てくれますので、この際、タクシーか(こちらもすぐに来てくれます)代行を使って、せっかくですから千厩にちょっとだけお金を落としてみましょう(笑)

かくいう私も車です。車だと仙台の自宅から若柳・金成インターで降りて、若柳→花泉→弥栄→川崎→千厩、で、ほぼ1時間40~50分。自宅からだと県内の登米に行くのと同じぐらいです。意外に近いんですよね。

*    *    *    *    *    *

「ホテル三嶋の湯」さんの場所はこちら。一関方面から来た場合は、エバホールやスズキの近く、東山・げいび渓の標識のある交差点で左折します(その交差点を通り過ぎるとすぐに養老の瀧があります)。千厩町内から行く場合は、商店街を千厩駅とは逆の方向に走り、突き当たったT字路で右折した方がわかりやすいかも。もう何度も利用させていただいているので、私はナビや地図なしでも行けますが(笑)。

 

上の写真の交差点で左折して、東山方面に2~3分走り、スピード出していると意外にわかりにくいんですが、川崎左折の標識がある先のT字路で左へ。

 

ここで左折するんですが、はっきり言ってこの赤い「ホテル三嶋の湯」の看板は、ほとんど目に入らないので見逃さないでね。

 

この道を道なりに走るとすぐに左前方の小高い丘の上に、「ホテル三嶋の湯」が見えてきます。

 

登り口の坂を一気に駆け上がると到着です。ちなみにこの坂は、冬季は天候によりツルツルのアイスバーンになるので要注意。私は昨年の1月、深夜に到着した時に車でここを登れませんでした・・・(FR車だったこともあり・・・)

 

ホテル三嶋の湯は少々古くてちょっと寂しく、懐かしき昭和の香り漂う旅館ですが、リゾート感のある立地で朝は清々しく爽快な気分を味わうことができます。以下は、お部屋から見渡した風景(動画)です。

 

建物の裏山では、ウグイスが鳴き声の練習中です(笑)

 

朝ごはんは松花堂弁当の容器に入ったセットもので、ご飯はセルフ。味噌汁は係りの方がよそってくれます。中身は季節やその日によって異なり、冬場は固形燃料で温めるスープが付いたりしますよ!

中には作り置きしてあるお総菜や既製品も入っていると思いますが、少ない人数で頑張っていらっしゃいますし、朝食を出してくれる都会のビジネスホテルよりははるかに品数が多く見栄えもよいので、私はこれで十分満足です。今回はヨーグルトが美味しかった!

 

 

喫煙OK>みずみずしい旬のお料理、手作り感満載の千厩、茗荷亭

出張先の千厩で懇親会があり、お仕事先の方に連れて行ってもらいました。ご馳走になった会だったので、お値段もメニューもコース名も全くわかりませんが、たぶんそんなに安くはないと思います。場所は、千厩の商店街があるメーンストリートと千厩バイパスの間に平行して走っている細い道沿いで、久留美旅館の向かいにあります。駐車場もあります。

 

食べログの地図が少しずれているので、正しい場所を貼っておきます。正しい場所は以下です。

 

お席はカウンターか、または畳の個室のいずれかですが、数年前に和室はすべて椅子席にしたそうで、座って(正座して)食べることはありません。足の悪い方も安心ですね。

 

今回の私達のお部屋は、奥の個室でした。お部屋に入ると、人数分のお料理にラップがかけられて用意されていました。

 

お料理は、ホテルや旅館で出される宴会料理とは異なり、みずみずしい旬の素材を使った手作り感満載のメニューです。ひとつひとつの小鉢のボリュームが多くて、家庭料理のような雰囲気です。ワカメをあしらった卵豆腐や山菜とエノキのお浸し、そして、ホヤときゅうりの酢の物はとても美味しかったです。

天ぷらとお刺身の間にあるのはナスの煮びたしです。最初、なんだかわからなくて、お店の方に尋ねてしまいました(^^;)

 

楽しく懇談するうちにあっという間に夜も更けてきました。

 

再会を誓い合って、私達は解散し、お店を後にしました。私はこの日のお宿「三嶋の湯」に向かいました。

 

関連ランキング:割烹・小料理 | 千厩駅

お弁当>日本レストラン「サラダ巻&いなりセット」の原材料と成分

今日は仕事で東京へ。13時からの所用なんだけど、片付ける他の仕事もあって、出発も到着も結構ギリギリ(汗)。こんなときの13時ってすごく微妙で、お昼をどこで食べるか?と考えると、今のうちに(午前10時台)何か軽いものをお腹に詰めておこうという発想に至りました。

そこで、仙台駅新幹線改札内にあるNEWDAYSで「サラダ巻&いなりセット」を買って、新幹線の車内で食べ始めました。お茶はホームで買いましたが、6月にもなるとホームのKIOSKでは熱いペットボトルを置いていないんですよね。

たまたま見かけたホームの自販機にホットのお茶があったので、そちらを購入。お茶はなんでもよかったんですが、最近、金沢の友人とやりとりをしていたので、Facebookのネタ用に金沢のお茶を購入。

新幹線で出張するときには、早朝に出発することがほとんどなので、私は自分に気合を入れるためにも、(少々お値段が張っても)そんなときは必ず駅弁を買って食べることにしているんですが、さすがにAM10:30ではお腹も空かないし、今回は少量で手軽な寿司系にしました。

が、駅弁に比べると、NEWDAYSに限らず、コンビニのお弁当って本当に安いですよね。いまの駅弁のお値段が適正かどうかは不明ですが、コンビニ弁当より高いのは食べてみるとよくわかります。真っ先に感じるのは素材の良さ、素材の美味さ。そして味付けも人手がかかっている感じがすごくするし、お店で出されるお料理とそん色ない感じがします。

一方、コンビニ系のお弁当は、価格競争の側面もあるためか、廉価な素材を大量に仕入れて、質と価格の絶妙なバランスのさじ加減でつくっているんだろうなぁと思います。

私の知人のお寿司屋さんが、「自分らの感覚では、生寿司をコンビニで売るなんてあり得ない」と言っていましたが、生寿司に限らず、コンビニ弁当は衛生面や日持ちの点で、良くも悪くもそれなりに工夫されているんだろうな。

そんなことを考えながら、今回は、まじまじと品質表示ラベルを眺めてしまいました。うわ、たったこれだけの商品でも、よくわかんないものが結構色々入っているんですね。これは、そのうち、他のコンビニの「サラダ巻&いなりセット」も見てみなくっちゃ。

文字に起こすと、以下の通り。はー、油性甘草ってなに?(これかな?)、グリシンってなに?(これかな)よく見るとすごいよね。

名称:寿司
原材料名:稲荷寿司(国産米)、サラダ巻(酢飯(国産米)、カニ風味蒲鉾、卵焼、その他、生姜調味漬、醤油、植物油、調味料(アミノ酸等)、酢酸Na、リン酸塩(Na)、油性甘草、ソルビット、グリシン、乳酸Na、香料、増粘剤(タマリンド)、香辛料抽出物、酸味料、甘味料(ステビア)、酒精、着色料(カラメル、紅麹、アナトー)、(原材料の一部に小麦、卵、乳成分、カニ、大豆、りんご、ゴマを含む)

 

むむむ?稲荷ずしなのに、油揚げがない。なぜだ? 調べてみると、”複合原材料の名称からその原材料が明らかなとき”は、”当該複合原材料の原材料の記載を省略することができ”るそうで、”したがって、鶏唐揚げは「鶏唐揚げ」と記載すればそれ自体の原材料を省略することができます”ということなので、(出典:消費者庁「加工食品品質表示基準Q&A(弁当、惣菜関係)」)だから書いていないのかなぁ・・・(謎)

今回「サラダ巻&いなりセット」には随分いろんなものが入っている(この商品だけじゃないと思うけど)のがわかったので、今度は日本レストランエンタープライズだけでなく、他のコンビニでも買って調べてみたいと思います。

 

サイゼリヤ長町駅西口店、2017年3月4日より土日祝全席禁煙

先日、久しぶりにサイゼリヤ長町店に行ったら、入り口のドアの横のガラスに張り紙がしてありました。

お客様各位

【全席禁煙のお知らせ】
いつも数あるお店の中からサイゼリヤを選んで頂き、誠にありがとうございます。

この度、お客様の煙草の煙に関する様々なご要望とより多くのお客様にご利用頂けるようにするため3月4日(土)より、土日祝日の開店~22時までの間、「全席禁煙」とさせて頂くこととなりました。

喫煙のお客様にはご不便ですが、店舗入り口付近の喫煙所をご利用ください。

店長

 

あらら、喫煙天国で大好きだったサイゼリヤ長町店も、ついに土日祝が全席禁煙になっちゃったのねー。この日は日曜日でしたが、この張り紙を見てから入店したので、「本日、全席禁煙となっていますがよろしいですか?」とお店の人に聞かれても衝撃はなかったし、それに、iQOSに変えてからは、最近、「何が何でも今すぐとにかく一服したい!!!」という渇望感がなくなってきたんだよね。

この日頼んだのは、バッファローモッツアレラのピザ(499円)。399円のマルゲリータピザよりチーズが3倍あるらしい。

 

それから、キャベツとアンチョビのソテー(199円)。なんだか温キャベツをムシャムシャ食べたかったので(笑)

 

来ました。バッファローモッツアレラのピザは可もなく不可もなくって感じ。まずくはないけど、特に美味くもない。サイゼリヤって何を食べてもそんな感じだよね。今までサイゼリヤで「美味い!」と思ったのは、数年前に福島駅で食べたヴォンゴレ・ビアンコのみですが、あれはすごく美味しかった。

 

サイゼリヤ長町店は、一服のための立ち寄り先として重宝していたんですが、自分は平日に寄ることが多いので、それほどダメージないかな。あ、キャベツとアンチョビのソテー(199円)は、さっぱりしていて、値段と見た目の割には食べごたえもそこそこあり、なかなか美味しかったです。

 

今回は一服用じゃなく、ちゃんと食事したくて立ち寄ったので、ドリンクバーもつけてそれでも1000円以内。この安さが魅力って言えば魅力ですね。

 

関連ランキング:ファミレス | 長町駅長町一丁目駅長町南駅

絶品!生菓子「月よみ」ポンデケージョのもちもち薄皮にクリーム

絶品としか言いようのない超ウマ!の生菓子に出会いました!太白区柳生のケーキ屋さん『SWEETS ATELIER L』(スイーツ アトリエ エル)が作っている生菓子「月よみ」です。お客様の家でご馳走になって、お土産にもいただいたものですが、ひと口食べて「美味しい!なにこのうまさ!!」と、思わず大きな声を出してしまいました。

お客様によると「萩の月」を上回る新しい仙台銘菓の地位を獲得するのではないか?とまで言われている、評判の生菓子だそうです。どのお客様に出しても大好評で、誰もがリピーターになるとのこと。詳しいお話は不明ですが、「遅くいくと、冷凍の商品しかないが、それを買ってきて解凍して食べる」のだそうです(要確認)

開けてみた見た目はこんな感じです。(お土産でいただいたものですが、どうやら1個191円?らしいです)

 

一見、萩の月に似ていますが、全然別物です。皮が薄くまるでポンデケージョのようなもちもち感があって、口の中で噛んだときの触感がものすごくいいんです。そしてほどよい甘さの濃厚クリームがまさにベストマッチ!

自分は最初、チーズクリームだと思っていましたが、あとで成分を確認したら、チーズは入っていませんでした(^^;) でも、チーズクリームによくにた質感の美味しいクリームです。それを吸いながらかじって食べるんです。吸いながら食べないと、皮をかじったときにクリームが手にはみ出て汚れるので、吸って食べるのが?おすすめです(笑)

底面は軽く焼き目が付いています。解凍して少したつと、しっとりしてポニョポニョしてとても柔らかくなるので、ふんわりやさしく持たないとつぶれそうな繊細さです。色々説明してもたぶん文字では伝わらないので、まずは食べてみてください!と声を大にして言いたいです♪

個別包装の裏側はこんな感じ。われらが中田地区の自慢のお店になりそうです。

お店の住所は仙台市太白区柳生7丁目5番地11(MAP)Googleストリートビューで見てみると、こちらのお店のようです。ああ、なるほど、ここにあるのねー。柳生(やなぎう)のダイシンの西隣に隣接しているマツモトキヨシの敷地内ですね!これは行かなくっちゃ!

月よみは仙台の街の中でも買えるようです。SWEETS ATELIER L(スイーツ アトリエ エル)は、エデンにある「TERRACE L」(テラス エル)や、エスパル仙台東館と仙台三越の「TERRACE L」(テラスエル)のケーキをつくっているらしく、仙台市内ではその3店舗で購入できるようです。

絶対おすすめなので、皆さん、ぜひぜひ、この美味しさともちもち皮の触感を味わってみてください。

 

関連ランキング:ケーキ | 南仙台駅富沢駅

 

関連ランキング:イタリアン | 仙台駅あおば通駅広瀬通駅

お弁当>山田本町「料理亭」のお弁当です

ヤマダ本町にある「料理亭」のお弁当です。いただきものなので、品名やお値段はわかりません。仕事でお客様のお宅に夜にお邪魔した時に、お土産?にいただきました。

が、遅くまでかかってしまい、帰宅して食べた時には、時間が経って冷めてしまっていたので、正確な味はわかりませんが、個人的にはまずくもなく、これといって特段美味しいわけでもない、ごく普通のお弁当という感じがしました。

 

 

なぜか二ついただいたので、自分は夜に食べ、時間が遅いので、もう一つは翌朝の夫の朝食に充てよう(笑)と思って、翌日開けたら、同じものではなく、微妙に自分が前日食べたものとは中身が違いました。なので、そっちも付け足しでパチリ。

 

料理亭のホームページはないようですが、食べログのこちらのページにメニューが載っていたので、お借りして掲載します。

場所を調べてみると、286のケイヨーデーツーなどがある付近から山田方面の住宅地に入っていったあたりで、パチンコまるたま 山田店の敷地を囲む道沿いの角にあるようです。

ツルハドラッグの近くです。この辺って、昔、老人病院の杜都病院があったところじゃないかなぁ・・・そのあとがツルハになったのかしら?今はもうよくわかりませんね。

Googleマップより

この道は、高舘やゆりが丘方面から栗木橋を渡って山田・鈎取に向かう時にたまに通りますが、ここにお弁当屋さんがあるなんて、全然知りませんでした。でも、わざわざ行くほどのものでもないかな。

 

関連ランキング:弁当 | 八木山動物公園駅富沢駅長町南駅