喫煙OK>くるまや郡山ビジネスマンと作業員の遅いランチと憩いの場

お昼ごはんを食べずに外出して、用事が14:30に終わったので、半端な時間と思いつつも、くるまやラーメン郡山店で遅いランチをいただきました。メニューはお気に入りの「みそネギラーメン」795円(2017.03.24時点)です。このお店は子供たちが小さいころには家族でよく来ていたので、25年以上は経っていると思います。昔は「ねぎみそラーメン」だった気もしますが、うちら家族の勘違い?画像をお借りした結構昔のメニュー写真でも「みそねぎらーめん」となっていますね^^

写真は食べログのマサ君さんから転載させていただきました。

 

かつて夫婦で自営業だったころは、多忙時に夜の12時過ぎまで外で仕事して、お腹が空いて家に帰る道のりで、何か食べて帰りたいと思っても、ここしか開いているお店がなかったので、そんなときにもよく利用しました。

昔からやっているラーメン屋さんはお昼にお店を閉めないので非常に助かります。この日もお店に入ったのは15時前後だったのに、仕事中のビジネスマンらしき人達がコミックを読みながらカウンター席で一人でラーメンをたべていました。

ランチタイムはユニフォーム姿の作業系の人達が揃って食べに来ていることが多く、かなり込み合いますが、遅い時間になると人も少なく、コミックを読みながらゆっくりと憩いの時間を過ごす男性客が多いです。

 

このお店は古いコミックがシリーズで揃っているため、待ち時間の暇つぶしには便利ですよね。狙って古いわけではなく、これはら25年前以上から変わらずにここにあるので、当時はそれなりに新しくて旬のコミックが揃っていたのだと思います。

 

ラーメン来ました!くるまやラーメン仙台郡山店の「みそネギラーメン」は太くてちょっと固めの縮れ麺と、少ししょっぱくて味が濃くてにんにくが効いた辛みのあるみそスープに、刻みネギがのっています。1年前に来た時よりはしょっぱくないので、今回は前回のように、お店の人に見えないように、こっそりコップのお水を入れて味を薄めなくてすみましたw

 

麺はこんな感じです。

 

昔、このお店の近所には駐車場が広いブックスポットという本屋さんがあって、駐車場を共有する形で、道路から向かって左側にファミリーレストランがあったんですが、名前、忘れちゃったなぁ・・・COCOS(ココス)だったかなぁ・・・でも、その前にもっと違う名前だったような。

向かって右側にも何かあった気がするけど(お土産屋さん?)、きれいさっぱりわすれてしまいました。覚えているのは、ブックスポットによくCDを借りに行ったことだけです。

今は霊波の光という宗教団体になっていますが、20数年前は、我が家の休日のお出かけスポットだったんですよね。あ、右側にあったというのは、もしかしたらカラオケボックス??うーん、思い出せません。

となると、現在auショップ(仙台市太白区郡山)になっているところもそのうち忘れてしまいそうなので、今のうちに書いておくと、向かって左から、鐘崎、三全、壽の三食最中だったと思います。ラーメンの天下一品は結構経ってからあとで出来たんですよね。

一時はおおいに勢いがあったアメリカ屋もお店はなくなって非常に寂れた外観で建物がまだのこっていますが、(本部はまだあそこにあるのでしょうか?)、この辺て入れ替わりが多いのに、それでも長く営業し続けているくるまやラーメンはすごいと思います。昔からずっとそこにあって、それが当たり前の日常風景のようになっているけど、実はすごいことですよね。

 

本・雑誌・・・あります。
タバコ・・・「お昼でも吸えますよ」と、今日言われたけど、食べログでは一応分煙となっていて、「13時以降可能」と書いてありますが、何がかのうなんだかよくわかりません(笑)
駐車場・・・割と広くて止めやすいです

 

関連ランキング:ラーメン | 太子堂駅

ばな

 

喫煙所>戦災復興記念館の喫煙所は建物の正面から脇に場所移動

戦災復興記念館の喫煙所の場所が移動されていました。今までは建物の正面玄関側の外の壁沿いにありましたが、そこには場所移動の張り紙が。

 

以前の場所には灰皿がなくなっていました。

 

どうやら建物の脇(南側の道路沿い)に灰皿が移動したようです。行ってみましょう。あ、あの奥かな。

 

ありました。撤去されない分だけ幸せ~♪ しかも場所もそれほど遠くないし、よかった。たぶん、正面玄関前で大勢の人がタバコを吸っているのは美観上問題があると思われたのかもしれませんね^^

 

ということでマイマップに追加いたしました~♪

喫煙OK>13時から昼飲み可能な二丁目酒場ぽんた/元五麺はコスパ最高

二丁目酒場ぽんたを初めて利用しました。最大の選択理由は17時から飲めること!私達は昨年から毎月1回、戦災復興記念館で勉強会を開催しており、終了後は必ず懇親会をするのですが、終了時間が早いため(16:30)お酒を出すようなところはなかなか開いておらず、お店を探すのが毎回のテーマだったのです。

近くのへそのおさんに無理を言って、事前に電話でから揚げだけを注文して、開店前にお店に入れてもらったこともありますが、そんなことをしなくても17時ぐらいから飲めるお店を探しておりました。

戦災復興記念館からだと、仙台駅に向かいながら探したほうが、参加者にも都合がいいので、東向きにリサーチのアンテナが向いていましたが、まさか晩翠通りで曲がったところに、こんないいお店があるとは思いませんでした。見つけて知らせてくれたSさんに感謝です。

あれ?上の写真を見ると「五麺らーめん」と書いてありますよね。そうだ、この場所には確かそんな名前のラーメン屋さんがあったはず。晩翠通りは車でよく通るので、そのたびに気になっていたんですが、食べログで確認したところ、二丁目酒場ぽんたは五麺がリニューアルしたお店とのことでした。なるほど、納得~!

 

店内は手書きのPOPが一杯です。17時から飲めるお店を見つけた幸せを感じつつ、私たちは奥の席へ。窓の外、まだ明るいです(笑) ちなみにこちらは昼も開いていて、昼はラーメン屋さんとして営業されていますが、ランチタイムが終わるとお店がいったん閉まるかどうかは未確認です。実は今回、仲間の一人が昼にここでラーメンを食べて、偶然、17時から居酒屋営業を開始することを発見したのでした。

 

お席に着くと、壁になぞなぞが貼ってあります。思わず謎解きに入るメンバーですが、そんなことより注文、注文!このなぞなぞはその後何度も私達の話題となり、最後までわからない問題が3つありました。次回までの宿題になりました(笑)(次回も来る気まんなんなのです)

 

メニューです。一枚目。

 

二枚目。

 

三枚目。

 

まだ外が明るいの窓際でメニューの写真を撮らせていただいているときに、ふと、外の登りに目が・・・。えっ、午後一時から「昼のみセット」ですって!店内から写真を撮るのをうっかり忘れたので、入店前に撮ったお店の外観写真の拡大図をどうぞ。登りが裏側になって読みにくいですが。午後一時から昼のみセット、と書いてあります。980円だそうです。午後一でお酒が飲めるとは!(笑)

 

カウンター席もあります。

 

びっくりしたのは、お酒のお客さんには「お通し」と称して、なんと、小さなコップでビールが出ること!お酒のお通しがお酒とは!でもすごく得した気分♪ お刺身もできあがり早速乾杯して懇親会スタート。下の写真の刺身の奥(ジョッキの奥)に見えるのが「お通し」のビールです(笑)

 

焼き鳥も来ました~☆

 

お料理、普通に美味しいです。そして締めはラーメン。私は本当はご飯ものが食べたかったのですが、あいにくこの日はご飯ものはすべて売り切れということで、ラーメンに変更。ラーメンはなぜか、店内の券売機で別途、食券で購入いたします。券売機の近くには雑誌もあり、ランチタイムも賑わっていそうなお店です。あ、下の写真は入店してすぐ、まだ明るいうちに撮りました^^

 

食べログのほかのお客さんの口コミを見ると、「よくわからないネーミングのラーメンばかり」というコメントがありましたが、確かに(笑)。私は隣の別な券売機であっさり醤油ラーメンを購入。

 

ラーメン来ました。好きなタイプの麺ですが(私は麺派)、私の好きなマツダ製麺ともちょっと違う。お尋ねしたところ、北海道から仕入れているそうです。私はあっさり醤油ラーメンを頼みましたが、自分が思ったよりは「あっさり」していなかったです。少し濃いめのお味で油分もちょっと多い感じの醤油ラーメンでした。仲間は野菜ラーメンを頼みました。ていうか、あなた、お昼もここでラーメン食べたんでしょ?太るぞーwww

 

戦災復興記念館での勉強会は来月で最後。翌々月からはリニューアルが終わった東京エレクトロンホールに場所を戻しますが、来月また来れるのがうれしいです。お会計は3人で飲み食いしてなんと5000円代!(食券で各自が個別に注文したラーメンをのぞく)女性限定ということでデザートにチーズケーキスフレまで出していただき、もう、コストパフォーマンス最高です!!

昼は男性スタッフのみだったようですが、この日の夜は元気で明るくてよく気が付く、私よりもちょっと年上に見える女将さんぽいスタッフの方がいい雰囲気を出してくれて、まだ夜の19:30だというのに、すっかりほろ酔い気分で楽しくしかも早い時間に帰宅いたしました。

 

◎駐車場・・・ありません。
◎タバコ・・・夜はOK。食べログには全席喫煙可と書いてありますが、お店の外にも灰皿があります。
◎新聞・雑誌・・・入り口の券売機のところにあります。

 

 

 

 

関連ランキング:ラーメン | 大町西公園駅青葉通一番町駅勾当台公園駅

お弁当>一関で食べた水沢給食センターのお弁当

一関のお仕事先でいただいたお弁当です。水沢給食センターという会社のお弁当です。箸袋にお店の名前が書いてあったので、、お弁当と一緒に写真に撮ればOKと思い、お店の名前を控えずにいたら、残念なことに箸袋までは映っていませんでした^^そこで、後日、担当者の方に確認して、業者さんの名前を伺いました。

お仕事先の会社は女性が多い職場なので、ご飯を少なめの量で頼んでいるということです。この日のおかずのうち、サンマは焼いてある焼き魚のサンマで、骨まで食べられる甘露煮と思って丸かじりしてしまった私は、後で骨を口から出すときに、結構、かっこ悪いものがありました^^

 

水沢は今は奥州市ですが、昔は水沢市でした。で、水沢と一関って結構離れているんですよ。今、水沢給食センターから私の今回のお仕事先までGoogleマップの経路検索で調べてみたら、距離が約30Kmありました(東北自動車道を使う場合は36Km)。

そこで、一体どこまでが配達エリアなんだろうと思ってホームページを確認したら、「胆江地区と一関地区、金ケ崎地区」に配達しているそうです。胆江(たんこう)地区というのは、北上川西岸の胆沢(いさわ)地方、東岸の江刺(えさし)地方の頭文字を取って名付けた地域名らしいのですが、簡単に言えば金ケ崎町と奥州市です。

金ケ崎町と奥州市を胆江地区というなら、一関は両磐地区と書くのが妥当な気がしますが(両磐は旧東磐井郡と旧西磐井郡)、敢えて一関と書いてあるところを見ると、平泉はどうなんだろう?という疑問も残りますね。

 

 

一関(両磐地区)は岩手県の南端にあります。昔は仙台藩だったことも理由の一つかどうかわかりませんが、この地域の皆さんの気持ちは、盛岡よりも仙台に向かっていることが多く、買い物や就職などは宮城県に来ることが多いです。県庁所在地の盛岡が遠いこともありますが、盛岡に行くということは東京から離れるということでもあるので、都会志向の方には、より東京に近い仙台や宮城県のほうが、精神的な抵抗が少ないのかもしれません。

ちなみに、東北では仙台にしかないiQOSショップには、一関からも買いに行く人がたくさんいるそうです。iQOSは今でも買うのが大変コンビニでも月に数個しか入らないようですが、一関でもタバコ(ヒートスティック)のほうはどこのコンビニにもあります。iQOS本体はまだまだ普及していなくても、タバコ(ヒートスティック)だけは、バン!と揃えてあるところが、戦略的にうまいなぁと思います。

今、水沢給食センターのホームページの写真(以下の写真)を見て気が付きましたが、私の写真、テーブルに乗せるときの上下の方向が逆ですね。全然気が付きませんでした(^^;)

水沢給食センターのHP掲載の日替わり弁当の写真

水沢給食センターのホームページはこちらです → 水沢給食センター

 

関連ランキング:その他 | 水沢駅

禁煙>山形城の土塁跡を見下ろすホテルリモージュの朝ごはん

山形市のホテルリモージュは、山形駅前大通り沿いにあり、駅からは少し離れていますが、山交バスターミナルの斜め向かいで交通アクセスがよく、1Fにファミリーマートもあるので、よく利用するホテルです。

仙台市南部在住の自分にとって、山形は車でちょうど1時間。同じ仙台市内の北部に行くよりも時間的にずっと近いため、普段は現地に泊まることなどないのですが、仕事先やイベント後に(できれば最後まで参加したい)懇親会があったりすると、宿泊に切り替えます。

ちなみに、いまでは、仙台⇔山形間は、バスで行き来するのが普通です。なんと平日1日80往復、土日祝1日66往復も便があり、仙台に住む私が仙台駅にバスでいくよりもはるかに本数が多い・・・もう、仙台⇔山形は完全に通勤圏内と化しており、山形でアクセスがいいというのは、自分にとって山形駅よりもバスターミナルに近いことなんですよね。

今回、自分は車だったので、車は提携駐車場の山交第一駐車場に止めました。歩いて2~3分のところにある自走式の立体駐車場で、ホテル利用者は20時間で630円(2017.03月時点)です。7階建で410台の駐車場ですが、難点は一方通行の道にあること。だからホテルに行く前に遠回りしないといけません。あと、24:00~6:00は閉まっているので車の出し入れができないらしいです。

 

さて、ホテルリモージュの朝食は、和食・洋食のどちらかを選ぶだけの定食スタイルです。時間はAM7:00~8:30までですが、この日は出発が早かったため、AM6:50にダメ元で会場に行ってみたら、すでに営業中の看板が出ており、試しに中に入ってみると、明るいオバチャンスタッフの方が「大丈夫ですよ~!」と元気にお返事してくれました。

朝食会場は、9Fにあるレストラン「三の丸」です。入り口はこんな感じ。

 

店内は禁煙です。入り口の向かいのベンチに灰皿があります。

 

入り口から中をのぞいたところ。

 

今日は和食にしました。一応、開店前の時間帯なので店内にはまだ誰もいません。この時間帯だけなのか、またはずっとそうなのかわかりませんが、おばちゃんがひとりでやっている会場のようです。一見、まともに見えつつ、よく見るとちゃんとしたおかずが少ないですけど、最近のビジネスホテルでバイキングじゃないときの朝食って、だいたいこんな感じだと思います。(笑) 今日はまともなほうで、温かい煮物が美味しかったですが、日によってはもっと貧弱なときも・・・。(下段は前回の写真)

でも、私は「朝ごはんをしっかり食べたい派」なので、人がつくった温かい朝食を食べられるだけで助かります。雰囲気としては、ご飯のおかずになる、濃いめの煮物が一品ついてくるので、それでご飯を食べる感じですね。

 

このホテルが結構好きなのは、立地のよさが一番ですが、もうひとつの理由は、隣に山形城の土塁跡(史跡)があることです。何も考えずに眺めると、開発に取り残された空き地の大きな木立のように見えますが、ホテルの部屋からよく見ると、地面が小山のようになっていて、隣に堀の跡が残っていて、何やら由緒ありげな土地であることがわかります。

初めてここを利用した時に、ふとそれに気が付き、早朝に降りて行って説明書きの看板を読み、これが山形城をぐるりと囲んでいた土塁の跡だったことがわかりました。

今回は春先だったので、大きな木々が枯れ木状態ですが、ここって夏に泊まるとこの木立がホテルの高さまであって、すごく緑がいいんですよね。朝食もそれを見ながら食べられるので、なんとなくフレッシュな気持ちになるんです。(以下はホテルのHPより)

 

ちなみに、数年前までは、このホテルの朝食会場は、なんと前夜カラオケ客でにぎわっていたスナックでびっくりしました(笑) 朝にお酒が一杯並んでいるところでご飯を食べるのがとても不思議で面白かったです^^でも、今は9階のレストラン「三の丸」に変わっています。愉快なネタだったので、ちょっと残念。以下はそのときの写真(笑)。

建物が古く部屋数も多くないこじんまりとしたホテルで、街並みを歩いてもあまり目立ちませんが、私は好きなホテルです。